DELA N1A 大変身

当初はメディアサーバーとして発売されたDELA N1シリーズであったが、2015年のファームアップで「デジタルメディアレンダラー」として機能することになった。

これに関しては、ちょっと「便利かも」と思っていた程度だったが、実は凄い出来事であったことが今更判明した。

きっかけは、NT-503の後継機種であるNT-505が発売されたこと。何が優れてるかといえば、OpenHomeに対応したことで、LINNやLUMINのコントロールAppが使えるようになったことが羨ましかった。

NT-505への買い替えも含めネットをあさっていると、何と・・DELA N1がOpenHome対応だったことがわかった。つまり、DELA自体がネットワークプレーヤーとして動作し、USB-DACに接続することで音楽再生ができるということだ。

早速、NT-503からLANケーブルを外してDELAとUSBケーブルで接続してみた。結果は、LAN接続時と較べ明確にノイズ感が減り、より自然な再生音が得られた。

DUOが不調なこともあり、1年以上知らずに使っていたことが悔やまれるが、現在の音にはかなり満足できている。結局、NT-503はUSB-DACとしてこれからも引き続き活躍してもらうことになった。

追記:NT-503のLAN接続は基本的に不要になったため、本体のファームアップ時等に限り接続することにした。

コントロール用アプリとして、まずは本家LINN Kazoo、LUMINを使ってみたが、現在はTEACがESOTERIC Nシリーズ用?に作ったHR Streamerを採用。このアプリはLUMINベースで非常に使いやすい。オススメです。

追記2:HR Streamerには標準でTIDALとQobazが組み込まれているわけで、それを使いたいのはやまやまだけど、2018年3月現在ではどちらも正式サポートがされてない・・と、いうか日本からはアクセスが出来ない。VPNアプリを使って契約さえクリアできればPaypal決済と併せて問題なく利用できるとのことだけど、いまいちしっくり来ない。そんな矢先、日本でもロスレス・ストリーミングサービスであるDeezerがスタート。丁度よいタイミングなので、Trial期間だけでもDeezerを試してみることにした。iPadに専用アプリを入れて、前もって登録しといたアカウントでログインすると1ヶ月間は全てのコンテンツを聴き放題になる。

上の写真はWindows版であるが、これだとメインシステムに接続できないため、別にiPad版を導入した。

Deezerアプリを起動してiPadの音声をAppleTVにミラーリング。NT-503の入力をOPTに切り替えると、メインシステムからDeezerの音楽が流れ出す。肝心の音であるが、確かにAmazon MusicのMP3と較べると明確に高音質であることが感じられた。これはいいかも。

1ヶ月後、月額1,960円を支払っているかどうかは、神のみぞ知る・・といったところか。

DELA N1A

昨年は我が家のネットワークオーディオ元年となった。
投稿をサボっている間にシステムが(無駄に)進化。

左側はViolaのアンプ群経由でAvantgarde DUOにつながるメインシステム、右側は最近導入した真空管式アンプを中心とした小型スピーカーPIEGA P4 XS Mk4につながるサブシステムだ。

システム全体の中で、デジタルコンテンツ配信の中心になっているのがバッファロー(現在はオーディオ関連事業子会社としてメルコシンクレッツ株式会社を設立)DELA N1A。発売当初は音楽ファイル配信専用のNASであったが、2016年6月のファームアップでUSB-DACへのコンテンツ配信ネットワークプレーヤー機能が付加され、使い勝手が大幅に向上した。

N1AにはUSB-DAC出力用の専用ポートは装備されていないが、背面に3系統あるUSBポートのどれでも使える仕様とのことなので、今回はUSB3.0ポートとHD-20を接続して問題なく再生できることを確認した。

いずれの系統も選曲はiPad/iPhone上のアプリで行うが、メインシステムのLAN出力はNT-503専用のTeac HR Remote、サブシステムのUSB出力はLINN Kinskyを用いて直接N1Aのコントロールを行う。両方のアプリ共にDELA N1A上のMusicライブラリを参照してライブラリ表示をするが、Kinskyの方が表示も美しく使いやすい。

メインシステムにはLAN接続のNT-503経由でプリのViola Cadenzaにつないでいる。こちらも最初はいろいろと問題があったが、最近は非常に安定して再生できている。

サブシステムはシンプルな小型システムであるが、全体のバランスが良く、特にヴォーカル物が素晴らしい。少し古いJ-POPはこちらで聴くことが多い。ただし、こちらには大きな問題点がひとつ。DACのHD-20が少し古いためか、24bit/96kHzのハイレゾFlacファイル再生中に音が途切れる現象が多発する。

これが今後の課題。

DELAのメーカーサイトにカッコいい接続図があったので、参考まで。

(クリックで拡大)

5/3追記:N1-Aには背面にUSB出力が3系統ある。試しに出力ポートを替えてみたら、音飛びがほぼ無くなり、現在は安定して再生できている。ハイレゾ再生は実に微妙だ。

5/3追記2:決定的な事に今更気づいてしまった。CDリッピング→N1-Aに書き込み中に音楽再生すると頻繁に音飛び。まあ、当然だわな (;´Д`)

PC Audioのこと 4

hanamaki_20160503-01

しばらく居場所の無かった(我が家ではこれが結構多い)DENONの安価なネットワークプレーヤーDNP-720SE(既にディスコン。現用機はDNP-730RE)を久々に使ってみたくなった。

今度の使い方は、今まで面倒で敬遠していたMusicServerへのアクセス。要するに、NASとかPCのストレージ上に保存した音楽ファイルをネットワーク経由でストリーミング再生する使い方だ。

最初は何も考えず、メニュー上に表示されるMusicServerを選択。この状態でもライブラリは表示されるが、再生を試みると「File Format Error」。ネットで調べると、この機種の場合は画像付きのFLACはダメ、仕様なので諦めろとか書かれているが、そんな仕様で出すのか?DENON。

と、いうわけでしばし情報を漁る。すると、今までリッピング&再生用に使っているfoobar2000にDLNAサーバー機能を付加するコンポーネンツがあるとのこと。

早速、foobar2000公式ページにアクセス。Conponentsタブより「UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point 0.99.49」をダウンロード。あとは落ちてきたファイルをダブルクリックし、foobar2000を再起動するだけでDLNAサーバーが起動する。

その状態で、改めてWi-Fi設定を済ませたDNP-720SEを再起動すると、MusicServerの一覧に「foobar2000」が表示された!

期待半分でアルバムを選び再生を開始すると、結構いい感じの音がDUOから流れだした。レッツノートから直接USB経由でDACに送り出した音と較べると、こちらのほうがゆったりしていい感じに聴こえる。なるほど、これがネットワークプレーヤーの存在価値なのか。

DNP-720SEは光デジタル出力も装備(残念ながら同軸デジタル出力は無し)しているため、後ほどDAC経由の音も確認してみよう。

追記:ネットワーク上のNASにはDLNAサーバ機能があり、これをONにしているにも関わらずPCやネットワークプレーヤーから見えない。原因は・・自分でした。

教訓 【DLNA共有サービスを設定できるフォルダは1個のみ】

hanamaki_20160503-02

※ 自分のNASでは2個以上共有するとDLNAサーバーが動かなくなることがわかった。
PCレスでNAS→DNP-720SEへと直接ストリーミング再生を行うと、再生音はさらにいい感じに。レッツノート上のfoobar2000からUSB-DACに出力している時は、全ての余計な音が削ぎ落とされスッキリしすぎた感じだったのが、今回のPCレス再生ではもう少しふっくらとした音が・・ぼやけているわけではなく・・聴き取れる。そんなわけで、レッツノートはCDのリッピング専用機として働いてもらおう。

4/3追記:foobar2000のライブラリファイルをNASにそっくりコピー。次にそのNAS上のライブラリフォルダ(DLNAサーバフォルダとして設定済)をネットワークドライブとして設定。foobar2000のライブラリ設定でそのフォルダを指定。再起動すると、あっさりNAS上のライブラリが表示された。

4/4追記:現時点ではDNP-720SE、NAS共にルータのHUBに接続(Wi-Fiではなく有線)しているが、この2台はスイッチングHUBに接続するとストリーミング時に他のトラフィックの影響を受けないらしい。加えて、NASの設置場所もDNP-720SEの近くに変更しHUBとの接続用LANケーブルをなるべく短くする。逆にHUBとルータ間のLANケーブルは当然長くなるが、それは特に問題なし。理論的にもそう思えるので、早速ポチる。これは明日届く予定(金属筐体の5ポートハブ(電源内蔵)が3,000円で買えるんだから凄い世の中になったものだ)。

2016/02/20 アラジン・ブルーフレーム ガラスチムニー化

2003年製アラジン社のブルーフレームストーブ。新品で我が家に来てから13年も使い続けている。今回、青い炎を全周から楽しむためオリジナルのホーロー製チムニーをガラスチムニーに換装した。Facebookにもアップしたが、同じ内容を備忘録としてブログにもアップしたい。

hanamaki_20160220-01

13年もお世話になったオリジナルのブルーフレーム。伝統的なクラシックスタイル。

hanamaki_20160220-02

数日前に届いていたパーツ。その中身は・・。

hanamaki_20160220-03

ホーロー製チムニーと同サイズに作られたガラス製チムニー。ヤフオクで入手した社外品パーツ。

hanamaki_20160220-04

トッププレートを回して外すとボイリングプレートが見える。お湯をわかす際にはこの状態で使うのが正しいとのこと。トッププレートを付けた場合に較べ、かなりの高火力を得られることが確認できた。

hanamaki_20160220-05

4箇所のネジを外し、ボイリングプレートを取り去ると、チムニーアッセンブリーがフリー状態に。

hanamaki_20160220-06

中央に見えるのが問題のチムニークリップ。簡単には外れない。

hanamaki_20160220-07

中央のネジがチムニーアッセンブリーを固定。

hanamaki_20160220-08

チムニー部分が回転しないよう制限するためのパーツ。この部品を外すと、チムニー部分を回転させ上に抜き取る事ができる。

hanamaki_20160220-09

チムニーアッセンブリーを取り外す前に、念のため元の位置をマジックペンでマーキング。

hanamaki_20160220-10

オリジナルのホーロー製チムニーが外れた状態。

hanamaki_20160220-11

これがチムニー交換の唯一、最大の難関。
タイプ39のチムニークリップは単にカシメてあるだけだけだが、チムニーのホーロー塗装を傷めず外すのは結構大変。
リズムに乗って大胆かつ繊細にマイナスドライバーを上下する。少し動いたら反対側からも同様に。クリップが外れるまで同じ動作を根気よく繰り返すのがコツ。

hanamaki_20160220-12

3個のクリップが無事外れ、下部部品(ギャラリー)とチムニーが分離できた。
中央のギャラリーは特徴的なブルーフレームを生み出すための重要な機能を提供する。ガラス化で丸見えになるため、丁寧にクリーニング。

hanamaki_20160220-13

ホーロー製のチムニーとのツーショット。13年前のパーツとは思えない良い状態。この後、ガラスチムニーが入ってきた箱に大切に収納した。

hanamaki_20160220-14

磨き終わったギャラリーにガラスチムニーを仮置き。クリップ固定ではなく、ただ載せるだけ。実際の使用状況ではボイリングプレートがガラスチムニーをやんわり固定してくれることを確認した。

hanamaki_20160220-15

逆の手順で各パーツを組み付け、無事ガラスチムニー仕様に。

hanamaki_20160220-16

さっそく点火!美しいブルーフレームが素晴らしい。実際に暖かさも増したようだ。

hanamaki_20160220-17

ガラスチムニーにブルーフレームが浮かび上がった。思いがけない演出。

hanamaki_20160220-19

夜も更けてきた。美しい炎を心ゆくまで鑑賞できる幸せを楽しもう。

PC Audioのこと 3

hanamaki_20160103-01

CDリッピング用外付けBDドライブの電源の件

今回リッピング用ドライブとして選択したPionnerの「BDR-XD05LE2」

この製品には二股のUSBケーブルが付属していて、細い方をUSB電源に接続することでパフォーマンスが向上するらしい。

で、試してみた。

結果は・・リッピングに要する時間がかなり速くなったように思う(ただし未検証)。

やはり、使える機能は使えということか。

PC Audioのこと 2

hanamaki_20151121-03

いよいよ本命のLet’s NoteにMusic Playerを導入した。

今回選んだのはFreeソフトの「foobar2000」。いろんなカスタマイズが可能な高機能ソフトだが、しばらくはシンプルなままで使うことにする。

CDタグ情報の読み込み後、音楽データベースに問い合わせてアーティスト名、アルバム名、曲名リストを取得→リッピング開始と進むが、困ったのが日本人アーティストのアルバム。

Google先生に聞いてみると、どうやら日本の楽曲用データベースがあるらしいので更に調べてみることにする。

とりあえず6アーティストのそれぞれについてアルバムを2~3枚リッピングしてライブラリの作り方を体験した。見かけはそっけないが、機能的にはこれで十分かも。

11/23 追記:日本語データベースへのアクセスはこちらの手順でOK。

PC Audioのこと

hanamaki_20151108-01

金は無いが暇はある。そんな時には手持ちのおもちゃで遊ぶに限る。

そんな訳で、我が家のオーディオシステムでやり残していたメインシステムへのUSBオーディオ導入を試みた。

もっぱらTV用として利用しているHAGEL HD20には立派なUSB入力が備わっているので、ここにMacBookAirからの出力をINしてみた。

hanamaki_20151108-02

結論からいうと、ロスレス圧縮(ALAC:Apple Lossless Audio Codec)された音源なのに、CDプレーヤーからの再生よりもはるかに滑らかな音が出てきてしまう。しかも、音質的には取り立てて評判が良いわけでもないiTunesから・・である。

これはちょっと困った事になった。いよいよ次はネットワークオーディオ沼に沈没の予感 (-_-;)

Viola Cadeza Gain調整

hanamaki_20151031-01

Viola Cadenza。このアンプの重要な機能である、GAIN(利得)調整のお話を。

このプリアンプにはゲイン調整用の立派なノブが付いており、db表示で6~16の目盛りが刻まれている。推奨設定は13。

導入してから3年間、この説明を鵜呑みにして13を中心に12~15の範囲で音質の違い(これがまた、結構変わる)を楽しんでいた。

ところが・・とある書籍に、アンプ入力は最初にボリュームで絞られて、その後増幅回路に続くとあった。つまり、ボリュームを絞ることで入力電圧が下がる→SN比が悪化・・という論理的な結論になる。

これは試してみるしか無い・・ということで、GAINノブを目一杯左に回し、最小ゲインの6に設定してみた。この状態では、普段ゼロから3~4ノッチ上げて最適な音量になっていたのが、7~8ノッチで同等の音量が得られた。

hanamaki_20151031-02

結論:音の元気さがまったく違う!そもそも我が家のスピーカーは、能率が102dbと尋常ではない(イマドキの標準的な能率87dbのスピーカーに比べ、同じ音量を得るためには1/32の出力で済む!)のに、迷信的に推奨設定を信じてきたのが大間違いだった。高すぎる能率のスピーカーをドライブするためには、アンプのゲインを落とす必要があったのだ。・・目からウロコが10枚ほど剥落した。

相対的にSN比が上がったことで、一聴してわかるほど歪み感が減り、音の躍動感が増した。

最後に、この事実を教えてくれた書籍を紹介。

5184TQ12e+L._SX338_BO1,204,203,200_

ケーブルをケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

10/31追記:録音レベルの低い初期のCDでは、何と17ノッチまでボリュームを上げられるケースもあった。この時聴ける音は、今まで感じていた力の無いふやけた音とは全くの別物。最近の録音レベルが高いCDより、むしろ音がいいかも。

10/31追記2:ゼロから数ノッチは極めて敏感に音量が変化するが、上に行くほど1ノッチ毎の変化量は減るようだ。

10/31追記3:自分は左耳がヘッドホン難聴。学生時代にガンガン聴いた報いだ。したがって、左右のバランスが取れた状態で聴くと、音像が右側にずれる。スピーカーの位置調整がぴったり合うと違和感もかなり緩和されるのだが、解消には至っていなかった。それが、上記のGAIN調整で左のGAINを6→7に上げると、極めて調子よく聴こえることがわかった。なるほどね~

2014/11/30 ユキオス キャブ清掃

昨年からユキオスのエンジンが不調になった。症状は次の通り。

1.チョークを引き、エンジン始動。エンジンは正常にかかる。

2.暖気完了後、チョークを戻すとエンジンストップ。

原因は劣化したガソリンがガム状になってメインジェットの穴に詰まり、ガソリンが吸い上げられないためらしい。始動はできるので、スロー系統は生きているようだ。それぐらいの事で販売店に修理を依頼するのも、元セブン乗りとしては実に悔しい。

そこで、ネットで情報を探し、他の方のブログを参考に応急処置的なクリーニング手順をまとめてみた。

yukios_20141130-01

まずは、3箇所のボルトで止まっているプラスチック製カウルの取り外し。

キャブ清掃の前に、燃料コックが閉じていることを確認。

yukios_20141130-03

ドレンボルトをゆるめ、予めフロート室を空にする。中にはガソリンが50ccほど入っている。

yukios_20141130-04

フロートタンクを固定している下部のボルトを10mmレンチでゆるめ・・

yukios_20141130-05

取り外したパーツを脇に置いといて・・

yukios_20141130-06

これが今回のメインイベント。フロートの中心に飛び出ているパーツのすぐ上にメインジェットがある。ここにギター弦を差し込むと、最初はすぐ入り口で引っかかるが、何度かツンツンすると「スッ」と奥まで突き抜けるので、弦をやんわりグリグリ&上下してガム状の詰まりを取り除く。

yukios_20141130-07

修理に使った工具はこれだけ。10mmスパナとドレンボルト用ドライバー(硬貨で代用可)、そして何よりも重要なワイヤー(スチールギター弦:6弦)。カウルの取り外しも10mmスパナでOK。

yukios_20141130-08

メインジェットクリーニング後にフロート室を組み付け、燃料コックを開けてエンジン始動。暖気完了後にチョークを戻し、エンジンがアクセル操作に反応すること、ユキオスが正常に前後走行できることを確認した。最後にプラスチック製のカウルを組み付けて完成!

作業終了後は、暖気が終わりチョークを戻してもエンジンが安定してアイドリングするようになった。アクセル操作にも反応して(それなりに)軽快に吹け上がる。

ユキオスの欠点といわれるキャブ詰まりであるが、これだけで済むんだったら楽なものである。e-Yukiosuを買うはめにならなくてよかった。

2014/08/17 拡散パネル設置

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

念願の拡散パネルを天井に設置。

中央の4枚がクボテックのサウンドディフューザー、両端の2枚がQRDのスカイライン。いずれも中古で購入した。

取り付け後、音をチェックしてみると、効果は予想以上で、今まで気になっていた高域のチリチリしたというか、音が固まってほぐれない感じが一掃されたのが明確にわかる。

D730で聴くCDの音も、今までより一層滑らかになり、場合によってはEMT948と区別がつかないほどスムースに変化。

拡散パネルによる改善は、機器の交換や電源の整備による音の変化とも異なる、大きな成果だった。